ホフロマ塗りについて  


「ホフロマ塗り」は、黒地に金や赤で鮮やかに花や木の実や鳥が描かれる、ロシアを代表する民芸品です。

「ホフロマ」とはボルガ川の左岸にある村の名前で、この村で300年ほど前に作られた工芸品がこの名で呼ばれています。

最も古くは1659年に文献に登場していますが、その技法は19世紀に確立されました。

型版も下絵もなしに直接絵を付けていくため、一つ一つが即興作品と言えます。また、工場ラインに乗っているものはなく、一つひとつ手作りで丁寧に時間をかけて製作されます。

そのため、毎回微妙に色合いやデザインが異なり、世界に同じものは存在しない、一つひとつが個性豊かな作品なのです。

食器は飾ったりする装飾品だと思いがちですが、ロシアでは実際に食卓で使用されており、ロシア人にとって非常になじみの深い工芸品です。

ホフロマ塗りの商品ページへ


 鮮やかなホフロマ塗りの食器セット

 
 
日付 : 2007/04/13 照会 : 6549
 
次 : リンク集